6月の営業日のお知らせ

  • HOME »
  • 月別アーカイブ: 5月 2011

トピックス

6月の営業日のお知らせ

 

営業時間

火曜-木曜 13:00-18:30 金曜、土曜 13:00-20:30

都合により6月25日(土)は14:00に開店致します

経堂 音茶楽 Sound Customize     経堂コルティ西側出口1分

五感表 聴覚その2 楽

MOKURIN(もくりん)

 やわらかい音が響く、木の鈴のアクセサリー。ホルダーやストラップにもおすすめ。

さくら・ほお・けやき・なら・ひのき・あおだも・くるみ・いちい・えんじゅ・とち・かえで・かばの計12樹種。

樹種ごとに木目や木肌の色、音色がそれぞれ違うこの木の鈴MOKURIN、まとめてつけて賑やかな響きを楽しむのもよし、一つひとつ色や音色に合った場所を探すのもよし。あなただけの楽しみ方を見つけてください。

森の合唱団

樹種の違う音盤をドレミの音階に並べた不思議な木琴

同じ長さなのに、樹種の違いでドレミを奏でる不思議な木琴です。
白い木、赤い木、黄色い木、緑の木。
硬い木、軟らかい木。重い木、軽い木。
香りの良い木・・・。
木には、見た目だけではなく、
五感で感じられるさまざまな表情があります。
この木琴には、そんな木の表情がたくさん詰まっています。

詳細は⇒ http://ocharaku.jp/menu/oakvillage/

経堂 音茶楽Sound Customize  経堂コルティ西側出口1分

五感表 聴覚 その1 音(ヘッドホン)

昔はオープンエア型ヘッドホンはユニットが小型になればなるほど低音域の再生が困難でした。29年前、アコースティック・ターボ回路を発明し小型のオープンエア型インナーイヤーヘッドホンでも重低音を再生出来る様になりました。写真のヘッドホンで、オープンエア型インナーイヤーヘッドホンの音響技術はピークに達しました。今ではアコースティックターボ回路は定番の音響回路となり全世界のオープンエア型インナーヘッドホンで使われています。

 

 

 

 

 

最近主流のカナル型ヘッドホン(イヤホン)は密閉型になります。密閉型ヘッドホンの場合、低音域の再生は簡単で、小口径のユニットでも重低音を再生する事が容易です。

カナル型イヤホンの課題は高音域、特に6kHz付近の強烈な共振音です。耳に刺さる音とかサシスセソの音がきついと表現されている方が多い様です。

原因はヘッドホンで外耳道を塞ぐ為です。 外耳道の長さにより個人差は有りますが5~7KhZ位で共振し音のバランスを崩します。音茶楽Sound Customizeではこの共振をキャンセルする音響回路を開発し特許を取得ました。中高音域の適正化と同時に歪率を大幅に低下、改善します。音茶楽Sound Customizeでは耳に優しい音を提供致します。

お客様の外耳道の長さ及び音質の好みに応じて9種類の音質カスタマイズを実施しています。

詳しくは⇒ http://ocharaku.jp/sound/technology-1/

経堂 音茶楽 Sound Customize    経堂コルティ 西口1分

五感表 視覚その3 店舗

 

 

音茶楽は看板、カウンターテーブル、棚等に屋久杉を使用、珪藻土の塗り壁、花梨材の床と合わせて柔らかな雰囲気で構成してみました。 

柔らかな木目と無垢材の香りで癒されます。是非ご来店下さい。

経堂 音茶楽Sound Customize

五感表 視覚その2 楽

楽 オークヴィレッジ製品、屋久杉製品を扱っています。無垢の木の木目や漆の色合いはいつ見ても新鮮です。使い込む事により色合いも変化し飽きることが無いでしょう。

上から どんぐりホルダー(朱漆)、ペンシルケース(ナチュラル)、シェーヌ・ドゥ ネストボウル、大きな森の合唱団、屋久杉銘々皿、寄木の積木 (木箱入り) 以上取り扱い:音茶楽 http://ocharaku.jp/

経堂 音茶楽 Sound Customize

1 / 41234