秋のヘッドホン祭2011初披露 ”フラット4(Flat-Four)” 商品化進捗 音の出口の位置

  • HOME »
  • 月別アーカイブ: 12月 2011

トピックス

秋のヘッドホン祭2011初披露 ”フラット4(Flat-Four)” 商品化進捗 音の出口の位置

現在商品化に向けた設計を行っています。

フラット4の商品化の進捗をたまにアップして行く予定です。

本日形状確認の手造試作部品が出来上がってきました。

先ずは音の出口です。秋のヘッドホン祭2011で試聴展示した試作品は出口がオフセンターしていましたが、今回はセンターにしました。狙いは超高音域の更なる改善です。

”高音域の質”で説明いたしましたが、オフセンター量が増えるとユニットの端と音の出口の距離の差によって減衰(キャンセル)される周波数が下がり10mmを超えると可聴帯域にディップが出ます。Flat4はΦ10mmエレメントを採用し音の出口をフロントキャビネットセンターからとしました。Φ10エレメントの端からセンターまでを4.5mmとすると減衰する周波数は約38kHzとなり十分可聴帯域外です。

オフセンターの利点は大きなエレメント(ユニット)を用いたときの装着性の向上です。Flat4では装着性と高音域の特性の両立を図る為、Φ10mmエレメントを採用する事に致しました。

Flat4の場合、低音域に関してはΦ10mmエレメント2個を水平対向配置で駆動する事で密閉型を超える低音感を実現出来た為、これ以上大口径のエレメントは必要なさそうです。

”オープンエア型の音の拡がり&密閉型を超える重低音”

ご興味ある方は音茶楽 Sound Customizeショールームで試作機を試聴できます。

音茶楽 Sound Customize  コルティ経堂西側出口1分

営業時間 火曜-木曜13:00-18:30 金曜、土曜13:00-20:30

定休日 祝祭日、日曜日、月曜日

12月30日、31日はお休みします。

新年は1月6日より通常営業いたします。

2012年1月の営業のご案内

新年は1月6日(金)より通常営業いたします。

営業時間

火曜-木曜 13:00-18:30 金曜、土曜 13:00-20:30

”オープンエア型の音の拡がり&密閉型を超える重低音”

カナル型ヘッドホン”Flat4”商品化推進中

試作品を試聴できます。

音茶楽 Sound Customize    経堂コルティ西側出口1分

秋のヘッドホン祭2011初披露 ”フラット4(Flat-Four)” フジヤエービックさんで試聴できます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  本日フジヤエービックさんのブログで紹介されました。年末~年始にかけて、デジタルスタイルショップで試聴できる様になっています。エージングも50時間以上完了していますので、ヘッドホン祭の時よりもより滑らかな音質になっています。是非試聴して見てください。

http://avic.livedoor.biz/

”オープンエア型の音の拡がり&密閉型を超える重低音”

音茶楽 Sound Cutomizeショールームでも試作機を試聴できます。

音茶楽 Sound Cutomize  コルティ経堂西側出口1分

営業時間 火曜-木曜13:00-18:30 金曜、土曜13:00-20:30

定休日 祝祭日、日曜日、月曜日

12月は23日、24日、30日、31日はお休みします。

ゲルマニウム・トランジスタ・ヘッドホンアンプ再稼動

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日、相島技研さん製のゲルマニウム・トランジスタ・ヘッドホンアンプの電池の充電が完了し再稼動しました。

シリコン・トランジスタ・ヘッドホンアンプと比較して、繊細で力強い音がします。

ご興味ある方は音茶楽 Sound Cutomizeショールームで試作機を試聴できます。

音茶楽 Sound Cutomize  コルティ経堂西側出口1分

営業時間 火曜-木曜13:00-18:30 金曜、土曜13:00-20:30

定休日 祝祭日、日曜日、月曜日

12月は23日、24日、30日、31日はお休みします。

秋のヘッドホン祭2011初披露 ”フラット4(Flat-Four)”  高音域域の質

カナル型ヘッドホンはそのディメンションが小さいため、主に中高音域でさまざまな影響を受けます。

その1 カナル型ヘッドホンで耳を塞ぐ事により外耳道閉管共振を発生⇒フラット4ではツイン・イコライズド・エレメント方式で解決

その2 イヤーピース取り付け部に音響抵抗を設置する事による10kHz以上の高音域の減衰⇒フラット4では必要ないので削除する事で解決

その3 低域を改善する為にエレメント(ユニット)の口径を大きくする事による高音域の減衰⇒フラット4では小口径エレメント(ユニット)の2個使いで低域の改善と高音域の改善を両立

その4 追加です。大事な点を忘れていました。ネットワーク回路が不要な事です。ご存知の様にネットワークにより、位相の乱れや、音質の劣化が起きます。フラット4では片側当たりフルレンジエレメント2個使いでネットワーク不要です。低音域~中音域では2つのエレメントが協力して歪みの少ない力の有る音を再現します。6kHz前後の中高音域では位相補正チューブにより2つのエレメントからの音が逆相になり外耳道閉管共振を抑制します。10kHz以上の高音域では位相補正チューブを通る内にセカンダリーエレメントからの音は減衰し、プライマリーエレメントからの音だけとなり小口径ユニットならではの超高域再生が可能となる訳です!

以上によりフラット4の基幹技術ツイン・イコライズド・エレメント方式は万全です。

ちなみに、Φ16mmエレメント(ユニット)の端に放音部が有るモデルとΦ10mm使用の放音部がほぼ中心に有るフラット4では高域が減衰され始める周波数は実に3倍以上差が出る事となります。

勿論、高音域の特性は振動板や、その他の構造にもよりますので単純に比較出来ない点を補足致します。

”オープンエア型の音の拡がり&密閉型を超える重低音”

ご興味ある方は音茶楽 Sound Cutomizeショールームで試作機を試聴できます。

音茶楽 Sound Cutomize  コルティ経堂西側出口1分

営業時間 火曜-木曜13:00-18:30 金曜、土曜13:00-20:30

定休日 祝祭日、日曜日、月曜日

12月は23日、24日、30日、31日はお休みします。

1 / 3123