最近、対向配置デュアルダイナミックドライバーの機種が増えていますが...

  • HOME »
  • 月別アーカイブ: 3月 2014

トピックス

最近、対向配置デュアルダイナミックドライバーの機種が増えていますが...

最近、デュアルダイナミックドライバーのモデルが増えています。

対向配置型デュアルドライバーは例えばスピーカーでは大昔から使われており、音響技術者ならば誰でも知っている有りふれた既存技術です。(正相、逆相接続共)

2012年6月から発売中の音茶楽のFlat4シリーズのツイン・イコライズド・エレメント(正相接続+位相補正チューブ)だけが、大昔から分っている対向型デュアルドライバーの利点+外耳道の閉管共振を解決する唯一の方式で今現在も最先端技術です。

更に後発の対向型デュアルダイナミックドライバーと異なり音茶楽の技術は日本及び、米国で特許が成立しています。

カナル型ヘッドフォンの最大の問題は装着する事で発生する外耳道の長さによる共振です。

この問題の解決が高音質化の最低必要条件と音茶楽は考えています。

Flat4シリーズでは外耳道の閉管共振を抑える事が音質向上の9割を占め、残りの1割程度が対向配置の効果と考えています。

ダイナミック型で外耳道の閉管共振の影響を明確に説明し、技術的に抑える対応を行なっているのはゼンハイザーIE800と弊社Flat4シリーズ、Donguti-欅だけです。

ドライバーの対向配置と外耳道の閉管共振を抑える事は無関係です。

”一緒にされると嫌だな”と思います。

NEWモデル検討中

NEWモデルを検討中です。

エイジング前で音質が向上したはずの仕様が、100時間エイジング後には音質が悪い方向になっている事に気づいたり。

中々時間が掛かります。

 

 

 

 

春のヘッドフォン祭2014に向けて

春のヘッドフォン祭2014に向けて色々と仕込んでいます。

これから音創りの山場を迎えます。

 

 

 

 

 

ヘッドフォンブック2014に掲載されました。

Donguri-欅が ヘッドフォンブック2014 音楽ファンの為の最新ヘッドフォン100モデル徹底ガイドに掲載されました! 詳しくは雑誌をご覧ください!

音茶楽製品 4月からの音茶楽店舗販売予定価格のお知らせ

4月1日からの消費税改定に伴い、音茶楽製品の音茶楽店舗販売価格を改定予定です。

お好きなお茶1袋とイヤピース1セットのプレゼントは継続致します。(ATH-CKM55改造品は対象外)

1 / 212