音茶楽(OCHARAKU)及び茶楽音人(さらうんど)ブランド製品ハイレゾリューション・オーディオ対応表示に関するお知らせ 

  • HOME »
  • トピックス」カテゴリーアーカイブ

トピックス

音茶楽(OCHARAKU)及び茶楽音人(さらうんど)ブランド製品ハイレゾリューション・オーディオ対応表示に関するお知らせ 

経緯

音茶楽の記念すべき1号機は2012年6月発売のFlat4-粋でした。

その頃はハイレゾ対応は全く気にせずに開発、設計を進めていました。

最近各社ハイレゾ対応を謳い始めているので、弊社も実力を確認した所、周波数特性上も聴感上も問題無くハイレゾ対応と謳える事が確認されました。

通常の音楽再生帯域をちゃんと再現する為に開発したトルネード・イコライザー方式、ツイン・イコライズド・エレメント方式を開発、採用した事で自然とハイレゾ帯域まで再生出来ている事が分った次第です。

弊社の製品は”気がついたらハイレゾ対応”でしたが、折角なのでパッケージ等にハイレゾを表記する事に致しました。

—————————————————————————

この度、音茶楽株式会社及び、TTR株式会社はカナル型ヘッドフォンのハイレゾリューション・オーディオ対応表示について下記の様に定義、運用致します。

既発売製品にも同様に定義を適用、表示いたします。

定義

1.カナル型ヘッドフォンを装着する事で6kHz前後に発生する外耳道の長さによる共振を抑える音響回路を搭載している事。

2.高音域が40kHz以上再生される事。

表示

パッケージに”真のハイレゾ対応”及び再生周波数特性を表示します。

再生周波数特性表示は高音域に対して-10dB落ちの数値を用います。

詳しくは⇒ プレスリリース_音茶楽製品、茶楽音人製品 ハイレゾ対応表示のお知らせ

SpinFit フジヤエービック様でお取り扱い開始

長らく弊社店舗で細々と試験販売を続けていたSpinFitですが、少しまとまった数が入荷しました。

本日よりフジヤエービック様でもお取り扱ける事になりました。

USパテントも取得している優れ物です。

Spinfit

 

 

 

気がついたら真のハイレゾ対応 ≪再掲載≫

音茶楽及び技術提携先のカナル型ヘッドフォンは気がついたら全てハイレゾ対応でした。

2012年6月発売のFlat4-粋から

Flat4-玄、Flat4-涛、Donguri-欅、Flat4-玄弐型、Flat4-緋弐型、Donguri-楽 そして販売が終了したFlat4-楓 全て真のハイレゾ対応です。

真のハイレゾ対応とは音茶楽では、単に高音域が可聴帯域外まで伸びているだけで無く、カナル型を装着する事で必ず発生する6kHz前後の外耳道の長さによる共振を抑える仕組みを搭載している事と考えています。

また、音茶楽及び技術提携製品の周波数特性の高域側が業界一般よりも控えめに表示されてます。(もっと高い周波数を謳える実力があります)

お客様に誤解を与えない様に修正する予定です。

Flat4-涛 レビュー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイドリング タイム様のFlat4-涛のレビューです。

開放型ヘッドフォン並みの音場と定位を高く評価して頂いています。

通常人間の耳は塞がない(覆わない)状態で音を聞いています。

ヘッドフォンでもイヤホンでもオープンエア型でも密閉型でも、耳を塞がないオープンな状態で聴いている時の鼓膜の位置での音響特性に近くなる様に設計すれば、音の拡がりと定位感が優れた物になります。

弊社の特許技術、ツイン・イコライズド・エレメント方式及び、トルネード・イコライザー方式で理想に近い特性の再現に成功しました。更に両方式は直列に挿入する音響抵抗が不要です。この技術を用いたモデルは可聴帯域外まで高域が伸びており、気がついたらハイレゾ対応となっていました。

カナル型で本質的なハイレゾ対応には外耳道を塞ぐ事で発生する6kHz前後の強烈な共振を抑える事と20kHz以上の超高音域の再生が必要です。

弊社及び技術提携先の全てのモデルは、6kHz前後のピークの除去と高音域の可聴帯域外再生の両立が出来ている為、”真のハイレゾ対応”と言えます。

お選び頂けるトルネード・イコライザーについて その3

外形Φ3.0mmのトルネード・イコライザーはトルネード・イコライザーの検討用として初めて切削加工を依頼して作成したタイプです。

ノズル内径2.8mm~3mm程度の割と安価なタイプのモデルに適合します。